あなたの国または地域を選択してください

EnglishFrançaispolskiSlovenija한국의SvenskaSlovenskáMagyarországItaliaहिंदीрусскийtiếng ViệtSuomiespañolKongeriketPortuguêsภาษาไทยБългарски езикromânescčeštinaGaeilgeעִבְרִיתالعربيةPilipinoDanskMelayuIndonesiaHrvatskaفارسیNederlandTaiwanTürk diliΕλλάδαDeutsch

Heshuo Q3財務報告書は人目を引くものであり、新しい能力はベトナムとインドに工場を設立することを排除しません

Taiwan Electronics Co.、Ltd.とShuo Shuoは、第4四半期に、ノートパソコンは3つの主要製品の出荷を10〜15%削減し、デスクトップとマザーボードも15〜20%削減すると予想しています。他の製品のみが優れています。季節を増やす機会があります。

Heshuoは7日に財務報告書を開催し、第3四半期の収益報告書を発表しました。1シーズンあたりの収益は3,547億台湾ドル(同じ単位)で、四半期ごとに18.5%増加し、年間10.2%増加しました。粗利益率3.8%、四半期ごとに0.4パーセントポイントの増加、年間0.5パーセントポイントの増加。営業利益62億3,000万元、四半期ごとの110.5%の増加、年間75%の増加。税引前86億元の黒字、季節的増加102%、年間140%の増加、税引後純利益63億元、四半期増加115%、年間増加120%、税引後純利益一株当たり2.41元、昨年同期の1.33元と1.08元の第1四半期よりも良い。

今年の財務報告の最初の3四半期を累積すると、収益は9,482億元で、年間成長率は8.5%でした。売上総利益率3.2%、昨年同期の3.3%よりわずかに低い。営業利益は96億元、年間成長率は30.8%。税引前剰余金は146億元、年間成長率は60%、税引後純利益は98億元、年間成長率は30%、税引後純利益は4.25元であり、これは3以上昨年の同じ期間の元。

HeshuoのCEOであるLi Shuoは、第3四半期の収益の増加、最も重要なのはコスト削減であり、これが売上総利益率に大きく貢献したと述べました。さらに、在庫管理は今年大幅に低下し、コスト管理は前年よりも改善され、売上総利益率は上昇しました。同時に、同社は顧客との協力にも慎重であるため、製造管理が高く、リソースが無駄にならず、効率が向上し、人材を合理化できます。したがって、過去数年間悩まされてきた人材問題は、今年はほとんど発生していません。

Liao Cizhengは、同社が生産ラインの調整を続けていることを指摘しました。今年の焦点は、稼働率の安定化です。各四半期の変動が大きすぎないことを願っています。当分の間、それは実り多いものです。

キャパシティプランニングに関して、Liao Zhizhengは、台湾やインドネシアのバタム島を含む本土以外のキャパシティ拡張が生産されており、インドやベトナムには投資計画がないと述べました。焦点は、顧客のニーズを満たし、最適な場所を選択することにあります。投資してください。

5Gの部分に関しては、Liao Cizhengは誰もが5Gについて話しているが、来年には本当の姿が見られると言った。製品の可視性は今年よりもはるかに良くなると予想されます。この会社も楽観的です。彼は、製造業には変化の機会があり、変化がなければ別の競争パターンに入ると強調した。