あなたの国または地域を選択してください

EnglishFrançaispolskiSlovenija한국의SvenskaSlovenskáMagyarországItaliaहिंदीрусскийtiếng ViệtSuomiespañolKongeriketPortuguêsภาษาไทยБългарски езикromânescčeštinaGaeilgeעִבְרִיתالعربيةPilipinoDanskMelayuIndonesiaHrvatskaفارسیNederlandTaiwanTürk diliΕλλάδαDeutsch

関税の引き上げに対応して、BenQのJiashidaの4000万米ドルがベトナムに工場を設立します。

「ビジネスタイムズ」によるとレポートによると、トランプ米大統領は9月1日、米国に輸出される約3,000億ドルの本土製品の第3波に10%の関税を課すと発表した。このため、BenQ Groupのシステム工場、Jiashida、30日取締役会は、約4,000万米ドルの投資で工場を設立するためにベトナムに投資することを決定しました。

これに先立ち、JiaashidaのJia Shihong会長は、米中貿易戦争のための3つのヒントが準備されたと述べた。 1つ目は、米国製品を徐々に桃園工場に移すことです。表示容量は、1か月あたり200,000ユニットから徐々に増加します。第4四半期には、月あたり60万台に増加すると予想されます。 2番目のヒントは、東南アジアに工場を設立することです。最後の防衛線は、生産のために米国に行くことであり、すでにパートナーを見つけています。

当時、陳旗宏は、10%の関税条件では、本土の生産能力を台湾に完全に移転することはできないが、顧客のニーズに応じて、会社はまだ準備ができていることを明らかにした。米国に販売された製品は、最初に台湾に戻りますが、顧客のニーズを検討する必要もあります。一部の顧客は削除する必要があり、しない必要があるためです。