あなたの国または地域を選択してください

EnglishFrançaispolskiSlovenija한국의SvenskaSlovenskáMagyarországItaliaहिंदीрусскийtiếng ViệtSuomiespañolKongeriketPortuguêsภาษาไทยБългарски езикromânescčeštinaGaeilgeעִבְרִיתالعربيةPilipinoDanskMelayuIndonesiaHrvatskaفارسیNederlandTaiwanTürk diliΕλλάδαDeutsch

LGは、韓国で生産されたフッ化水素のテストに成功し、生産ラインでの使用を開始しました。

BusinessKoreaによると、LGは韓国で生産された高純度フッ化水素のテストを完了したことを示し、生産プロセスへの適用を開始しました。これは、当初予想されていたものより1か月先です。

業界筋によると、LG Displayは最近、韓国企業から供給された高純度フッ化水素の最終試験を完了し、生産ラインでの使用を開始しました。テストレポートによると、自作のフッ化水素は生産とコストの要件を満たしています。報告によると、LGは韓国のフッ化水素が有機発光ダイオード(OLED)パネルなどの主要なパネル生産ラインに適用されていることを示しています。

さらに、サムスンディスプレイは9月に韓国で高純度フッ化水素の試験を完了する予定です。現時点では、テストでは重大な問題は特定されておらず、最終テストの直後にローカル製品が大量生産に使用される可能性があります。以前、サムスンは日本と韓国の材料会社からのフッ化水素の使用を示しました。

ナノスケールプロセスを使用する半導体生産ラインとは異なり、ディスプレイパネルの生産では、純度99.9999999999%の超高純度フッ化水素は必要ありません。フッ化水素は主にウェットエッチングに使用され、欠陥のあるコーティングを除去し、ディスプレイパネルの表面の有機材料と酸化物を洗浄および除去します。

「LG Displayは8月24日に、国産のフッ化水素をテストするのに時間がかかると言ったが、予想よりも早く完了するだろう」と業界関係者は述べた。超高純度フッ化水素の供給を確保することは依然として問題です。」