あなたの国または地域を選択してください

EnglishFrançaispolskiSlovenija한국의DeutschSvenskaSlovenskáMagyarországItaliaहिंदीрусскийtiếng ViệtSuomiespañolKongeriketPortuguêsภาษาไทยБългарски езикromânescčeštinaGaeilgeעִבְרִיתالعربيةPilipinoDanskMelayuIndonesiaHrvatskaفارسیNederlandTaiwanTürk diliΕλλάδαRepublika e ShqipërisëአማርኛAzərbaycanEesti VabariikEuskera‎БеларусьíslenskaBosnaAfrikaansIsiXhosaisiZuluCambodiaსაქართველოҚазақшаAyitiHausaКыргыз тилиGalegoCatalàCorsaKurdîLatviešuພາສາລາວlietuviųLëtzebuergeschmalaɡasʲМакедонскиMaoriМонголулсবাংলা ভাষারမြန်မာनेपालीپښتوChicheŵaCрпскиSesothoසිංහලKiswahiliТоҷикӣاردوУКРАЇНАO'zbekગુજરાતીಕನ್ನಡkannaḍaதமிழ் மொழி

台湾のメディア:MLCCリーダーYageoの申し出は30%増加し、業界の利益は大幅に増加すると予想されます

台湾メディアの「経済日報」レポートによると、台湾の2つの主要な生産拠点である蘇州と東guanは受動部品の主要国であり、2月10日に作業を再開しました。

作業再開の日に、業界チェーンは、YageoがチャネルベンダーとEMSの顧客向けに抵抗器とコンデンサの価格を引き上げる計画であると報告しました。平均増加の最初の波は約30%でしたが、新しい価格は3月1日から有効になります。価格調整の理由は、在庫レベルが低すぎて、収穫率がいっぱいではないためです。

蘇州工場と東plants工場での生産再開後、Yageoは需要を満たすために稼働率を高めるために懸命に取り組んでいます。 Yageoは、蘇州工場と東plants工場は2月10日に徐々に作業を再開することを許可されたと述べましたが、地方政府は現在、閉鎖管理と厳格なフロー制御を実装しているため、採用プロセスは非常に困難であり、顧客のニーズを満たすために最善を尽くします。価格については、市場の需要と供給によって決定されます。

業界は、昨年末以降、ヤゲオの在庫日数が約50日間に減ったことを指摘しました。昨年上半期と比較して、在庫レベルは半分以上低下しています。現在、稼働率の引き上げは容易ではなく、需要は供給よりも大きくなっています。在庫日数は45日間警告水位に達している可能性があり、厳しい条件下では、第2四半期の受動部品価格は引き続き強気です。

以前、Jiwei.comによると、業界関係者は関連するサプライチェーンを調査し、チャネルベンダー、電子鋳造サービス工場(EMS)、およびメーカーの現在の在庫レベルが低いことを発見しました。在庫の補充は今年の第2四半期まで続くと予想されます。さらに、5Gスマートフォンには強い牽引力があり、汎用MLCCの価格は今年30〜50%上昇すると予想されます。