あなたの国または地域を選択してください

EnglishFrançaispolskiSlovenija한국의SvenskaSlovenskáMagyarországItaliaहिंदीрусскийtiếng ViệtSuomiespañolKongeriketPortuguêsภาษาไทยБългарски езикromânescčeštinaGaeilgeעִבְרִיתالعربيةPilipinoDanskMelayuIndonesiaHrvatskaفارسیNederlandTaiwanTürk diliΕλλάδαDeutsch

ARMマーケティング担当副社長:ヘテロジニアスコンピューティングの鍵は、サードパーティがチップレベルのパフォーマンスにアクセスできるようにすることです

異種コンピューティングのサポートArmは、2つの新しいメインストリームMLプロセッサを導入します

ヘテロジニアスコンピューティングは、徐々に業界の主流の方向になりました。 IntelとNVIDIAは、異種コンピューティングを実現する統合アーキテクチャプラットフォームを発表しました。最近、ヘテロジニアスコンピューティングをサポートするために、Armは2つの新しいメインストリームMLプロセッサEthos-N57およびEthos-N37 NPUを導入しました。これらはArm MLプロセッサEthos-N77に続く2つのプロセッサです。

この点に関して、アームマーケティング担当副社長のイアンスマイスはインタビューで次のように述べています。「異種コンピューティングをサポートする鍵は、ハードウェアプラットフォームを構築することではなく、サードパーティの開発者がチップレベルのパフォーマンスにアクセスできるようにすることです。チップレベルのパフォーマンス、IP機能、これらの機能を取得することはできません。これらのパフォーマンスはすでに無駄になっています。そのため、エコシステム全体の協力を重視しています。」

「実際、特定のコンピューティング領域があることは非常に明確であり、次世代コンピューティングのエネルギー消費とCPU、GPU、NPU全体のパフォーマンスを満たす方法を検討しています。これは、製品設計段階だけでなく、開発者の製品展開の運用段階でデータまたは異なるシーン計算の組み合わせを効果的に確立する必要があることを意味します。これを行うには、CPU、GPU、NPUを実装するための統合ツールチェーンが必要です。サポート」とイアン・スマイスは言いました。

さらに、Ian Smythe氏は、実際、Armには、ビデオ、グラフィックス、アクセラレータ、CPUの使用など、TVまたは携帯電話製品に異種システムオンチップを実装した多くのパートナーがいることを指摘しました。異種混合です。開発者の観点から見ると、システムレベルでより優れたシステム全体のデータフローを実装したのはARMだけです。

「Armでは、トータルコンピューティング、ヘテロジニアスコンピューティング、プロプライエタリコンピューティングのいずれであっても、パワーとパフォーマンスのバランスに焦点を当てています」とIan Smythe氏は述べています。

Ethos-N57およびEthos-N37の設計コンセプトには、次のような基本的な原則が含まれていることが報告されています。Int8およびInt16データ型のサポートの最適化。データの移動と関連する電力消費を削減する高度なデータ管理技術。革新的なWinogradテクノロジーの導入により、他のNPUよりもパフォーマンスが200%以上向上しました。

さらに、Ethos-N57の機能には次のものが含まれます。MLパフォーマンスと電力効率に最適化され、1秒あたり2メガビットのパフォーマンス範囲。 Ethos-N37は次の機能も備えています。最小のML推論プロセッサ(1平方ミリメートル未満)を提供するように設計されています。 1メガビット/秒のパフォーマンス範囲に最適化されています。